挫折のいきさつ、サッカーへの思い、自分に潜むえろへの欲望、この作品で吐き出しました 3

ページ上部へ戻る